宮崎市の総合広告代理店・株式会社ポリバレント

広報活動

宮崎にJリーグを!宮崎にJリーグを!

宮崎にJリーグクラブをつくろう!
   Jリーグが開幕した1993年から22年が経過した2015年現在、Jリーグクラブが存在しない都道府県は青森、福井、三重、滋賀、奈良、和歌山、島根、高知、宮崎、鹿児島の10県で、そのすべてにJリーグを目指すクラブが存在しています。
   宮崎県からは2つのクラブがJリーグを目指しており、今シーズン共に九州リーグに在籍し、次へのステージを目指しています。
   これまでも宮崎からJリーグを目指したクラブは存在しましたが、様々な問題に阻まれ、残念ながらJリーグ入りを果たす事はできませんでした。
   宮崎からJリーグクラブをつくる事は、サッカー関係者共通の悲願なのです。

J.FC 宮崎J.FC Miyazaki

J.FC宮崎とは?
   前述した宮崎からJリーグを目指す2つのクラブのうちのひとつが「J.FC宮崎」です。
   クラブ代表に鵬翔高校サッカー部監督の松崎博美氏を招聘し、監督はサンフレッチェ広島でプレーしていた笛真人氏が務めています。
   選手は現状、宮崎産業経済大学サッカー部や鵬翔高校サッカー部OBなどが主力となっていますが、セレクションなどを実施し、積極的に選手補強に取り組んでいます。
   株式会社ポリバレントは、このJ.FC宮崎の広報活動を担当し、Jリーグ入りを側面から支援します。
J.FC 宮崎の立ち位置
   J.FC 宮崎は昨シーズン宮崎県リーグにて優勝し、続く九州・各県リーグ決勝大会においても決勝戦で鹿児島代表のNIFS KANOYA FCをPK戦の末に破り、見事九州リーグ昇格を果たしました。
   今シーズンは九州リーグ(10クラブ)でリーグ戦を戦い、JFL昇格条件の1つである優勝を目指します!
まずはJ3入りを目指して!

   Jリーグの構造は複雑化しているため、各カテゴリー間の昇格・降格条件については説明を省きますが、J.FC宮崎が次に目指すカテゴリーは「JFL(16クラブ)」となります。
   「JFL」と「J3」は同列の扱いになっていますが、前者はJリーグ外のプロ・アマ混成リーグで後者はJリーグ内のプロリーグと明確にその構成は分かれています。
   「宮崎にJリーグを!」の定義は、宮崎にプロサッカークラブを誕生させるという事になり、J.FC宮崎が目標とするのは、この「J3」入りということになります。

悲願への道のりは長く険しい…それでもっ!
   ここまで順調に進んできたJ.FC 宮崎ですが、ここから先は同じ目標を掲げる各県の代表クラブがひしめく中、勝ち進んでいかなければなりません。
   また、資金や設備・選手補強などの課題もあり、「Jリーグへ」などと軽々しく口にできるほど環境に恵まれているわけでもありません。
   それでも、自身の生活を顧みず、サッカーに対する熱い想いだけで戦っている選手や奔走するスタッフ達を間近に見ていると、いつか叶う夢だと信じたくなるのです。
   株式会社ポリバレントは、この夢の実現に一歩でも近づけるよう、広報の立場から宮崎県を盛り上げていきます!